ちょっとした不思議な話や霊感の話 恐怖・怖い話

ちょっとした不思議な話や霊感の話

病院 怖い話

私は多少見たり聞こえたりするけど、祓ったりは出来なくてただgkbrするだけの人。海外在住。

去年、妹の初出産に合わせて数週間日本に帰った。

出産の前後の手伝いの為で、妹の家の空いた部屋に泊めて貰った。

「予定日までは美味しい物食べに行ったり買い物したりしようね」と言っていたが、 私が日本に向かってる丁度その日に、急遽帝王切開で産まれちゃった。

妹はそのまま入院。

で、私の寝泊まりする部屋には、妹の旦那実家に伝わる観音様の掛軸が掛けてあった。

安産の神様だそうで、そのご実家では近所で誰か妊娠するとよく貸し出したりしていた、人気の掛軸だそうな。

妹が妊娠したら送られて来たので、水と塩と、なぜか祖母の手製の猿ボボもどきを供えてお祈りしてたらしい。

私も到着当日「無事産まれました」とお礼に手を合わせて、 布団敷いて、枕をそちらに、足は出入口の方にして寝てた。

何しろ予定日より早く産まれたので、デリバリーの受取や、頼まれた物を買って病院に届けたり、毎日バタバタして忙しかった。

2日目か3日目の朝方、金縛りで目が覚めた。 寝入りばなの金縛りは多くても、寝てる最中に金縛りで起きるのは初めて。

私の身体の左側に大量の人が行き来してて、ガヤガヤと話す声、靴や下駄履きの足音、 ガラガラ戸がひっきりなしに開閉する音で兎に角賑やか。

ありゃ変なの出たか、と思ったけど誰も私に関心が無い様子で、こちらに来ないし私をチラっとも見ない。

皆ガラガラ戸から入って来て、私の左側の壁沿いに枕元へ向かい、折り返して、そしてまたガラガラ戸から出て行くだけ。

皆ぺちゃくちゃお喋りしてて楽しそう。

横目で見てたら、服装も和服洋服まちまちで、 その中の一人(着物に下駄履きで白い手拭い被った美人さん)が出て行く前に枕元の方を振り返って、 「本当に宜しくお願いしますねえ」と言ったのを見て、 あ!これみんな観音様にお参りに来てる人たちだ!と気付いた。

全員女性だったし。

金縛りが解けて、身体起こして電気点けた。4時頃だった。

出入口から掛軸の間に、買い物袋や服やら置いてたのを慌ててどけた。

通路塞いじゃだめよって観音様に起こされたんだろうと思って、 お水替えて、気付かなくてすみませんでしたって手を合わせて、また寝た。

今年も甥っ子見に日本帰ったんだけど、通路に何も置かないように気を付けた。

金縛りになる事はなかった。