【恐怖】ドール作りの怖い話 恐怖・怖い話

【恐怖】ドール作りの怖い話

20141029a-300x240

友達が、本当に保育園くらいの頃からお話が好きで、 当然のように小学生の1,2年からそれこそお話を書いてた
で、その頃からずっと一緒のオリキャラが居るんだ。もう20年以上一緒の

そんな友達が、ある日うちにあるSDを見て、フルチョイスすることに決めて、したんだ。フルチョ。
もちろんそのオリキャラを。もうドン引きするくらいに熱愛して、本当にアツアツの夫婦みたいだった(同姓だったが)

でもある日、「これは○○じゃない……」とか言い出した。言い出して、どうするかと思ったら、 そのSDを違う名前にして、1からドールを作ると言い出して。

材料を買ってきて、本当に作り始めたんだ。それも、「成長させる」とか言って、そのオリキャラの赤ちゃんドールを。

それこそすごい念を篭めて、毎日一緒にご飯を食べて、抱きしめて、一緒に眠って、その赤ちゃんドールは本当にそのオリキャラみたいだった。

なんていうか、友達のお話を読んで、オリキャラのことはそれなりに分かってるんだ。

まるで一緒だと、本当に感じるくらい、生気のあるドールだった。

友人は赤ちゃんドールを完成させたころ、また新しい素体を作り始めた。

少しだけ成長した、その子のドール。

それが繰り返されて、今ではその子は5歳くらいのボディを手に入れてる。

今までのボディは全部押し入れにあるらしい。
最初のSDも、普通に別の名前のキャラとしてかわいがられてる。

で、ここまでは別に怖くないんだ。おかしいかもしれないが、怖くはないんだ。

ここからが少しホラーっぽいところ。

友人の家はそれなりに近いし、まだ普通に仲もいいから、よく遊びに行くんだけど。

そのドール、下手な人間より存在感があって、別に目の前で動かれても何の違和感も無いだろうってくらい

「ああ生きてるんだな」って、本当にすんなり信じて思えるくらいの子でさ

最初の頃はそうでもなかったんだ、でも2~3歳くらいのボディを手に入れた頃からかな

たびたび、話し掛けてくるようになった。

台所用洗剤の、お皿を擦るキュッキュって音あるだろ、ああいう声で
最初は意味なんてなくて、あーとかそんな感じだったのが、 成長していくに従って、普通に言葉を話すようになっていった。

耳で聞こえるんじゃなくて、頭の中に聞こえる感じ。テレパシーみたいな風に、喋る

友達は普通に「今日オリキャラがケーキ食べたいって言うからケーキを買った」とか言うし

友達の両親も「あーあの子。喋るね、話し掛けられたことあるわ」っていうから、妄想ではない。

でも、全然ビックリしないんだ。喋ったり動いたりするのが当然と思える。でもドール。

粘土なんだよ、どこまでいっても。でも、生きてても全然違和感がない。

今はもう、全然普通に流暢に話し掛けてくる。

何か食べてると「あーそれほしい」とか言い出すし、あげると嬉しそうに笑う(ように見える)

目を離したスキにポーズが違うなんていつものことで、なんとも思わない。

段々声もきれいになってきて、今じゃ普通に女の子みたいな声で喋るようになった

本当に愛されるとモノも動くんだなっていうか、すまん。
文章もそんな上手くないし、分かりにくいし、たいして怖くない