【恐怖の時代】世界の歴史上最も地獄だった時代はいつ? 恐怖・怖い話

【恐怖の時代】世界の歴史上最も地獄だった時代はいつ?

第一次大戦後のドイツはなかなか

3:02/01(日)02:32:16.35:slqoQGLh0

あとはペスト全盛期のヨーロッパやろか

歴史 怖い (7)

ペスト
14世紀に全ヨーロッパにまたがるペストの大流行が発生した。当時、モンゴル帝国の支配下でユーラシア大陸の東西を結ぶ交易が盛んになったことが、この大流行の背景にあると考えられている。1347年10月(1346年とも)、中央アジアからイタリアのシチリア島のメッシーナに上陸した。ヨーロッパに運ばれた毛皮についていたノミが媒介したとされる。
1348年にはアルプス以北のヨーロッパにも伝わり、14世紀末まで3回の大流行と多くの小流行を繰り返し、猛威を振るった。全世界でおよそ8,500万人、当時のヨーロッパ人口の3分の1から3分の2に当たる、約2,000万から3,000万人が死亡したと推定されている。

4:02/01(日)02:32:45.53:Kfk1kWsSp

大粛清時代ソビエト

歴史 怖い (5)

大粛清
大粛清(だいしゅくせい)とは、ソビエト連邦(ソ連)の最高指導者ヨシフ・スターリンが1930年代にソ連邦および衛星国のモンゴル人民共和国等でおこなった大規模な政治弾圧を指す。
大粛清による死亡者の総数には50万人説から700万人説に至るまで諸説あり、長きにわたり論争になっている。

5:02/01(日)02:33:00.92:Qi4Y8nKi0

隕石落ちてきた時はヤバかったわ

6:02/01(日)02:33:27.34:slqoQGLh0

>>5
おはダイナソー

7:02/01(日)02:33:42.09:go5Kvvz10

ポルポト

歴史 怖い

クメール・ルージュ
クメール・ルージュは、かつて存在したカンボジアの政党。正式名称はカンボジア共産党。幹部はオンカー(組織の意)と呼ばれた。もともと「クメール・ルージュ」(赤色クメール)という言葉は、ロン・ノル政権前のシハヌーク時代、反サンクムの武闘左翼勢力をさしてシハヌークがつけた呼称である。その後、内戦時代を経て、左翼諸勢力間の権力抗争および粛清の結果、クメール・ルージュといえば事実上ポル・ポトのグループと同義語になった。
クメール・ルージュ政権は、更に旧政権関係者、富裕層、各種専門家および知識人への関係を持った者および親ベトナム派の党員、ベトナム系住民を殺戮した。
クメール・ルージュによって殺戮された人々の数が、さまざまな立場で検討されている。ヘン・サムリン政権は330万人が死んだと主張した(これはのちに下方修正された)。

8:02/01(日)02:33:47.37:Kfk1kWsSp

あとはポルポト政権やろなあ

10:02/01(日)02:34:15.56:slqoQGLh0

ポルポトはやばいな
医者すらおらんとか

11:02/01(日)02:34:45.85:tjmgwfJd0

スペイン人が攻めてきた時の中南米

歴史 怖い (2)

スペインによるアメリカ大陸の植民地化
コンキスタドーレスの初期のアメリカ大陸での基本方針は、レコンキスタ終焉後の宗教的熱狂から来るキリスト教の布教と、入植することよりもまず黄金や財宝をかき集めることにあった。コンキスタドーレスはマヤ文明、アステカ文明、インカ文明といったアメリカの文明を破壊して金や銀を奪い、莫大な富をスペインにもたらした。この過程で多くのインディオが虐殺され、キリスト教への改宗事業が進み、また、インディオ女性に対する強姦が横行し、さらに、ヨーロッパ由来の疫病が免疫のない多数のインディオの命を奪った。スペインにもたらされた富はスペインの王侯貴族による奢侈や、オスマン帝国やオランダ、イギリスといった勢力との戦費に使用されてその多くがスペインから流出した。
スペインは南米侵略以降、暴虐の限りを尽くし、サント・ドミンゴ、プエルトリコ、ジャマイカ、キューバなどを征服。その先住民およそ100万人を殺すか病死させるか奴隷にした結果、ほとんどが絶滅してしまった。純血は確実に絶滅してしまったため、いまでは白人と黒人で成り立っている。 

28:02/01(日)02:36:42.48:m7h/UNp40

>>11
俺はこれやと思う
インカアステカってかなり平和な文化やったんやろ
好戦白カスはほんま消えてほしい

37:02/01(日)02:38:05.91:B0qkbQfcp

>>28
戦うって概念がなかったおかげで、
スペカスはほとんど無傷で貪れたからな

45:02/01(日)02:39:44.76:9uCgdRQ10

>>37
いやいや、フツーにスペイン人来る直前に内戦してたぞ
政治状況がかなり不安定だったのが大きい

56:02/01(日)02:40:57.85:Gvzik8hd0

>>37
西洋人の剣に興味持って刃の側つかんだみたいな話あったよな

13:02/01(日)02:34:53.86:8LtUFvLf0

三国時代
人口半減やぞ

15:02/01(日)02:35:20.37:Kfk1kWsSp

>>13
そんな減ったんか…
やばすぎぃ!

30:02/01(日)02:36:54.65:EjahSuPsp

>>13
馬鹿

14:02/01(日)02:35:10.85:bgA934560

ナチの死の外科医に実験された方々

16:02/01(日)02:35:21.20:6p/cAjkj0

軍政日本もひどい

34:02/01(日)02:37:40.04:9uCgdRQ10

>>16
場所によるな
ミャンマー、蘭印東部、あとフランスとの共同責任でベトナムとかかね

18:02/01(日)02:35:34.88:eDbrZWQn0

やっぱ悲惨なのは病気か飢餓やろな

23:02/01(日)02:36:12.48:1xIjrhcs0

大戦末期の満州とかヤバそう(小波)

24:02/01(日)02:36:24.17:sQPjp6c70

氷河期

25:02/01(日)02:36:29.26:rLFlRIUE0

魔女狩りしてたとき

歴史 怖い (8)

魔女狩り
魔女狩りは、魔女または妖術の被疑者に対する訴追、裁判、刑罰、あるいは法的手続を経ない私刑等の一連の迫害を指す。
妖術を使ったと疑われる者を裁いたり制裁を加えることは古代から行われていた。ヨーロッパ中世末の15世紀には、悪魔と結託してキリスト教社会の破壊を企む背教者という新種の「魔女」の概念が生まれるとともに、最初の大規模な魔女裁判が興った。そして初期近代の16世紀後半から17世紀にかけて魔女熱狂とも大迫害時代とも呼ばれる魔女裁判の最盛期が到来した。現代では、歴史上の魔女狩りの事例の多くは社会不安から出来した集団ヒステリー現象であったとも考えられている。 

27:02/01(日)02:36:42.01:AWjTV5yg0

江戸時代末期の東北
おらぁもう水っこはやんた…

29:02/01(日)02:36:47.00:wJps1Bdw0

これは間違いなくアルビジョア十字軍。現代にまで連なる憎悪を産んどるしな

歴史 怖い (9)

アルビジョア十字軍
アルビジョア十字軍は、1209年、南フランスで盛んだった異端アルビ派(カタリ派と同義、南フランスの都市アルビからアルビ派と呼ばれた)を征伐するために、ローマ教皇インノケンティウス3世が呼びかけた十字軍。アルビジョワ十字軍とも。
他の十字軍と同様、宗教的理由と領土欲の両方により主に北フランスの諸侯を中心に結成されたが、南フランス諸侯の反撃の中で次第に領土戦争の色合いが強まり、最終的にはフランス王ルイ8世が主導して王権の南フランスへの伸張に利用された。独自の文化を誇った南フランスは20年に渡る戦乱により荒廃し、フランス王の支配下に入ることにより北フランス文化の流入を受けることになる。 

31:02/01(日)02:36:59.67:yAKnqUtL0

沖縄とか硫黄島もヤバそうやけどな

32:02/01(日)02:37:25.11:mVgAtQiq0

飢餓やろ
世界最大がどこか知らんけど

41:02/01(日)02:39:21.58:TzvtkGXa0

>>32
1784年の世界的な飢饉かな
アイスランドさんサイドが奮発した

33:02/01(日)02:37:36.78:1Nr0ASYha

今でしょ

35:02/01(日)02:37:50.53:slqoQGLh0

ピサロとかコルテスは疫病も引き連れたんやっけ?

38:02/01(日)02:38:07.43:C7uOwOoi0

シエラレオネだろ
現代で平均寿命32歳だぞ

39:02/01(日)02:38:33.75:slqoQGLh0

>>38
なにやってたらそうなるんや…

47:02/01(日)02:40:02.58:MIL0HIY70

>>39
そらもうエイズよ

40:02/01(日)02:39:01.94:zAhrSsJ/M

>>38
ひえー

44:02/01(日)02:39:33.43:fVSlaDTo0

>>38
ワイ今年で死ぬんか・・・

51:02/01(日)02:40:21.67:PJBhSQim0

>>44
おっさん死ね

53:02/01(日)02:40:38.58:PVu+phTi0

>>38
嘘つけ今調べたら45歳だったぞ

62:02/01(日)02:42:25.29:ZfxdT7Fsa

>>38
乳幼児死亡率が高いから平均を下げとるだけやで
エイズにエボラに内乱と、ひどい環境であることは確かやけど

48:02/01(日)02:40:04.58:B0qkbQfcp

やっぱナチス政権下のユダヤが一番やとは思うで
生きてること自体が罪で捕まったら虐待された後に死刑やからな

221:02/01(日)03:19:56.75:5/oY9YZop

>>48
地獄だったのは間違いないだろうが中国の南京事件の騒ぎ様見てたら盛られてる気がしてくる
特に悪名高いジューカスやし

225:02/01(日)03:21:25.21:5IMSC+Cq0

>>48
でもドイツ人にとっては、ヒトラー政権獲得~対戦勃発前夜が天国やろうな

244:02/01(日)03:25:59.96:RGumXkJU0

>>225
最高の時はWW1で数百万の兵の犠牲を持ってしてもパリに辿りつけなかったフランスを一ヶ月で降伏させたニュースのときやろ
そりゃ破滅までヒトラーについていくようになりますわ

50:02/01(日)02:40:12.65:slqoQGLh0

大粛清時代のボリシェヴィキ党員集合住宅もなかなかやな

52:02/01(日)02:40:32.16:V8uNmXNox

ユーゴスラビアの内戦って人口激減したって言ってた

54:02/01(日)02:40:39.38:f2ugxXtI0

ポルポトの粛清
スターリンの大粛清
中国共産党の長征
ロシア白軍の合流を目指す遠征
毛布の差し入れを受け取るインディアン

57:02/01(日)02:41:14.30:slqoQGLh0

ユーゴ内戦のスナイパーストリート怖すぎやろ
外に出ることさえできん

歴史 怖い

サラエヴォ包囲
サラエヴォ包囲は、ボスニア・ヘルツェゴビナ国内に、セルビア人勢力によって一方的に設立された事実上の国家であるスルプスカ共和国と、ユーゴスラビア人民軍(VRS)によって、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都であるサラエヴォが包囲されたものであり、1992年4月5日から1996年2月29日まで続いた。
1992年後半から1993年前半にかけてが、サラエヴォ包囲がもっとも激しかった期間であった。戦闘の中で、数多くの残虐行為が発生した。町の周辺に陣取るセルビア人勢力は、町を守るボスニア政府の軍を繰り返し攻撃した。軍事的に優位な陣地と、町への補給はほぼすべてがセルビア人勢力の手の内にあった。狙撃兵は町の周辺を歩き回っていたので、「Pazite,Snajper!」(気をつけろ、狙撃兵だ!)は一般的な合図となった。幾らかの通りを通ったり横切ったりすることは大変危険となり、それらの通りは「狙撃兵通り」(スナイパーストリート)と呼ばれるようになった。 

60:02/01(日)02:42:19.36:0xW4aWnpK

ジャガイモ飢饉のやつはアイルランド人のシンニード・オコナーが歌ってたな
イングランド人どもがあのとき何をしてたと思う?とか恨みたっぷりで

65:02/01(日)02:42:57.58:RhX7DhHN0

どの時代でも下の階級に生まれた時点で終わりだと思う。

67:02/01(日)02:43:26.76:0XL5yIfL0

奴隷船の中

歴史 怖い (3)

68:02/01(日)02:43:36.17:9uCgdRQ10

最近だとアフリカ諸国、中央アフリカとか南スーダンとかソマリアとか、ルワンダも一時期ひどかったな

69:02/01(日)02:43:50.65:slqoQGLh0

ラヴレンチーベリヤみたいなのが国の上にくるとかそれだけで恐怖やな

70:02/01(日)02:44:14.14:TqbhEwWu0

いきなり1億人の相手とよーいドンで競争に参加させられて
卵子に一番最初に辿り着かないと死ぬって
聞かされた時は生きた心地しませんでしたわ

74:02/01(日)02:46:21.58:MIL0HIY70

カンボジア内戦もなかなかひどいと思うやけど

77:02/01(日)02:46:51.81:Kfk1kWsSp

パンとサーカス与えられてた時代って幸福やな

パンとサーカス
パンとサーカスは、詩人ユウェナリス(西暦60年-130年)が古代ローマ社会の世相を揶揄して詩篇中で使用した表現。権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘した。パンと見世物ともいう。
愚民政策の例えとしてしばしば用いられる名言であり警句である。
パンとサーカスは社会的堕落の象徴として後世しばしば話題にされ、帝国ローマの没落の一因とされることもある。

95:02/01(日)02:49:25.82:OlRYkpjEK

>>77
パンとサーカスが市民に与えられていたとき、市民の下にはそれを支えるために大勢の奴隷がいたんやで

78:02/01(日)02:47:17.24:V8uNmXNox

ユーゴスラビア内乱のボスニアググったら酷すぎて草も生えなかった

81:02/01(日)02:47:44.47:slqoQGLh0

Plague.incのペスト歌ぐう不気味

83:02/01(日)02:48:12.96:/EgPBFHM0

昔の中国大陸
特に五胡十六国時代

84:02/01(日)02:48:23.88:5IMSC+Cq0

中国の大西王朝だろ

一年半で滅んだのに、その間で600万人いた四川の人口が1万8000人程度になったという

歴史 怖い (1)

張献忠
張献忠(ちょうけんちゅう)は、明末の農民反乱軍の指導者。号は敬軒。
崇禎14年(1641年)に襄陽を破り襄王朱翊銘を殺し、1643年に武昌を拠点として「大西王」を称した。
多くの記録で張献忠は残酷な殺戮を好み、「屠蜀」もしくは「屠川」と呼ばれる無差別殺戮により、四川の人口を著しく減じたとされている。『明會要』巻五十によれば万暦6年(1578年)に人口310万2073人だった四川は、嘉慶『四川道志』巻十七によれば、康熙24年(1685年)には1万8090人となっていたという。このため清朝の前半、1671年から1776年までの間にかけて湖北省・湖南省・広東省などからの移民数百万人が四川省へと移民した(湖広填四川)。現在の四川人の方言(西南官話)が北京普通話に近いのもこの時の張献忠による四川人殲滅殺戮によって古代四川人が壊滅したことが大きいとされる。
一方、大虐殺を行ったのは清軍であり、それを隠蔽するために後世の歴史家が張献忠により行われたことにしたという説がある。

90:02/01(日)02:49:05.86:slqoQGLh0

>>84
なんやそれ…

109:02/01(日)02:54:14.79:5IMSC+Cq0

>>90
明滅ぶ→四川に大西王朝成立→明の守備軍とその家族、明の官僚、旧家を虐殺→僧侶、知識人虐殺→民衆反乱→虐殺→田畑荒れ果てる→食糧不足→人肉狩り→虐殺

111:02/01(日)02:55:06.96:slqoQGLh0

>>109
ヒエッ…

123:02/01(日)02:57:53.28:/3dNCl7y0

>>109
中国近現代史って大昔と変わらんことやっとるよなあ

127:02/01(日)02:58:31.55:f2ugxXtI0

>>123
毛沢東がアホちゅうだけやろ

131:02/01(日)02:59:28.53:+XoXvx010

>>123
相手は全滅させんと復讐食らうからね
それの繰り返しやろ

86:02/01(日)02:48:52.60:U1TcO65h0

餓死って想像する以上に苦しいらしいで
生命維持に必要なミネラルが不足すると脳味噌がおかしくなって
痛みとか吐き気とか悪寒とかが全部襲ってくるらしい

158:02/01(日)03:06:28.90:Zja6TkPd0

>>86
吐き気や悪寒はあったけど痛みは無かったで
風邪引いた時体ダルくて動かん様にゆっくり衰退してったわ

161:02/01(日)03:06:58.35:8QeTeATuM

>>158
おは旧陸軍兵

179:02/01(日)03:10:10.05:YlnMIbm+M

>>158
成仏しちくり~

187:02/01(日)03:11:58.25:Zja6TkPd0

>>179
ネタじゃなくて金無さすぎてルンペンやって病院担ぎ込まれとったんや

190:02/01(日)03:12:41.43:slqoQGLh0

>>187
大丈夫かいな…

87:02/01(日)02:49:01.05:ugcTjnWy0

終戦後中国奥深くに残された日本人は大変やったらしい
死体食ってでも帰ってきたとか
通化事件とかはほんまにあったかわからんけど

99:02/01(日)02:50:35.83:aNQQaRT2a

ジャガイモ飢饉の頃のアイルランドも悲惨やな
国民が餓死してるのにイギリスに食料を輸出せんとアカンかった

102:02/01(日)02:51:06.35:rgAwVxKY0

>>99
天明の大飢饉みたいだな

108:02/01(日)02:53:41.26:slqoQGLh0

氷河期きたら飢饉半端ないやろなあ

113:02/01(日)02:55:28.60:slqoQGLh0

魔女狩りは無慈悲すぎやろ

122:02/01(日)02:57:40.48:ujD4mHQM0

>>113
今でもアフリカだと
魔女狩りとかやってるからなぁ

125:02/01(日)02:58:22.80:slqoQGLh0

>>122
普通呪術師が力持っとるしな

119:02/01(日)02:56:50.19:BpByHuwd0

疫病+凶作+圧政が重なった時代やろな

126:02/01(日)02:58:22.98:OlRYkpjEK

>>119
アフリカやん

120:02/01(日)02:56:51.12:n6ydv5seE

オーストラリア

130:02/01(日)02:59:22.23:slqoQGLh0

>>120
人間狩りかな?

138:02/01(日)03:00:58.69:h/QjgkTk=

そら現代日本なんて史上稀にみるイージーモードよ

146:02/01(日)03:03:58.19:mBVPE0nv0

中国史で人口がゴソッと減った時期は
死人じゃなくて戸籍に乗らん流民が増えた場合が多いんや

157:02/01(日)03:06:23.34:nrVPxEpz0

>>146
かなり早くから戸籍がしっかりしてた割に前漢時代でもこれが多かったらしいからねえ
だから人口激減といわれてても実情流民化してて分からんていわれてるからなあ

148:02/01(日)03:04:55.97:x7MBADWN0

今みたいに自分で道見つけなきゃいけない時代より
米作って適当に生きてた昔のほうが楽そうだわ

164:02/01(日)03:07:22.06:RGumXkJU0

>>148
しかし次男三男に生まれたら都市に出るしか無い
都市でどんな待遇だったかは知らん

260:02/01(日)03:32:38.63:gQKUjiLt0

>>164
長男はおかずも沢山用意されててご飯も好きなだけ食わせてもらえるけど
次男以降は長男が食い終わるまでじっと待たされて
長男が食い終わったその残飯を奪い合って食ってたって
ひいじいちゃんが生きてた頃言ってた

261:02/01(日)03:33:37.79:slqoQGLh0

>>260
そんな時代もあったんやな

176:02/01(日)03:08:53.00:SgZa6S0z0

プライベートライアン見たらノルマンディ上陸作戦も地獄絵図やろ

現実のほうが悲惨やろうし

歴史 怖い (4)

ノルマンディー上陸作戦
ノルマンディー上陸作戦は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたナチス・ドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーバーロード作戦(OperationOverlord、「大領主」の意)。
最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸した。2015年現在に至るまで最大規模の上陸作戦である。

181:02/01(日)03:10:18.03:slqoQGLh0

>>176
あとは第一次大戦の機銃陣地への突撃
正気やないわ

191:02/01(日)03:12:58.41:BpByHuwd0

ユーゴ内戦時はビルの屋上がスナイパーだらけで表に出たら女子供でも撃たれたらしいで
買い物が大変だったって言ってた

199:02/01(日)03:14:35.37:slqoQGLh0

>>191
コンテナ積んであってそこに沿って移動するんよな
命がけでの移動とか

202:02/01(日)03:14:55.17:nrVPxEpz0

>>191
内戦が膠着化すると大抵そうなっとるイメージあるからなあ
シリアもそうなってたし

203:02/01(日)03:15:04.93:6kbtFjRR0

歴史 怖い (6)

いまは人類史上ないくらいええ時代や
人がくっそ増えてる

215:02/01(日)03:18:13.83:slqoQGLh0

>>203
おかしいくらい増えとるな
宇宙にとびでんとおさまらんやろ

219:02/01(日)03:19:12.07:TzvtkGXa0

>>203
リバウンド不可避

249:02/01(日)03:27:35.32:gQKUjiLt0

>>203
日本は少子化子供産め増やせと騒いどるけど
地球規模で見たらむしろ少子化で正解なんじゃないかと思てまうな

252:02/01(日)03:28:34.79:4UbdKfYM0

>>249
イスラムと中国人が世界中に溢れる状態やしな

254:02/01(日)03:30:28.16:B0qkbQfcp

>>249
人口が減るのはしゃーないけど、バランスがおかしいって言うのが問題やねん

241:02/01(日)03:25:26.02:nsxqJ7PKK

ぐう悲惨な未来社会を想像したSF教えちくり~

264:02/01(日)03:34:14.96:xMNaT3xfp

>>241
「素晴らしい新世界」ハックスリー

未来小説やで

180:02/01(日)03:10:17.26:lH3z9dC00

生き続けなければ生き地獄にはならんのやで