【恐怖体験】鈴の音に追いかけられた恐怖体験 恐怖・怖い話

【恐怖体験】鈴の音に追いかけられた恐怖体験

鈴の音 怖い

小5の初夏親父の仕事でど田舎に越して来たんだけど、転校生が珍しいらしく凄いチヤホヤしてもらってて 
地元では小学高学年になると虫捕りなんて殆ど卒業してガキかとバカにされるんだけど、チヤホヤ効果で
良く採れるポイントに同級生3人が案内してくれる事になった、その場所は舗装された2車線の山道から少し 
入った何て事ないクヌギ林なのだが、とっておきのポイントと4人総出と言う事もあってかものの数分足らずで虫カゴ 
いっぱいにノコギリクワガタで埋め尽くされた、前住んでたところのペットショップで一匹800円だったの知ってたから、 
こんな短時間にしかも大量、800円×20匹位=鼻血出るくらい大興奮で夢心地だった

帰り、山道に出てワイワイ騒ぎなら下っていると、何やら後ろの方で鈴の音がチャリーンと聴こえてきた、後ろを確認してみるが何もない、
今、鈴の音しなかった?した、歩き出すとまた音が、歩き止めると音も止まるしばらくこの繰り返し
誰か鈴持ってるのか?ジャンプしてみろと1人づつジャンプしたが誰も持っていない、
皆物凄く怖いけど怖くないフリしてたのに、誰かが拾った鈴でも鳴らしてると言う最後の望みをジャンプ確認で絶った感じになり、恐怖のドン底
に落とされた、俺が1人で逃げるの無しねっと言った瞬間頭上でひときわ大きい鈴の音がチャリーーンと鳴った、反射的に全員上を見るが何もない
全員顔を見渡した後猛ダッシュ、途中下り坂とダッシュでスピード乗って足がもつれ何度もコケて傷だらけになりながらも何とか麓まで降りてきた
麓まで来ると鈴の音もしなくなり、当然さっきの何だったんだと言う話題になるのだが、コケた時顔面強打した子が血だらけの顔向けて泣きながら
こうなったのはお前のせいだ!と言い残しそそくさと家に帰ってしまった、残された3人であれは幽霊だとか妖怪だと怖~と話しながら、後ろ気にしつつ
擦り傷ヒリヒリさせ家に帰った

次の日学校へ行くと、虫捕りメンバーが見当たらない、休み?とクラスメイトに聞いてみると職員室に呼び出されてるとか、◯◯君もだよ
と言うので行ってみると、虫捕りメンバーに先生が何やら怒っていて、よくよく話を聞いてみると顔面血だらけの子を俺達3人がイジメた事に
なってるらしい、しかも俺が主犯でw
鈴の音の事話しても嘘言うな謝れの一点張りで聞く耳持たず、他の2人も鈴の音なんて知らぬ存ぜぬで泣いてるし、
擦り傷も取っ組み合いの喧嘩した証拠だとか、訳解らないわ納得行かないわ状態だったけど、先生発狂してるしメンバー泣いてるし
で仕方ないので取り敢えず謝った、その後3人とは絶交状態になり、中学2年の時今の土地に引っ越して鈴の音の事も本当はどうなのか
確認出来ないままになってしまった