【恐怖】アメリカの残酷な死刑方法にドン引き 恐怖・怖い話

【恐怖】アメリカの残酷な死刑方法にドン引き

アメリカ死刑

死刑に使う薬物変更、10分間あえいで死亡 論議も 米オハイオ州

(CNN)米オハイオ州で16日、死刑執行のため薬物を投与された男が、約10分間にわたってあえぎ、体を震わせながら死亡した。執行に立ち会った記者などが明らかにした。

死刑を執行されたのはデニス・マグワイア死刑囚。妊娠中だった当時22歳の女性に対する強姦と殺人の罪で1994年に死刑を言い渡された。

死刑執行にはマグワイア死刑囚の子どもたちも立ち会っており、涙を流して動揺した様子だったという。
同死刑囚は現地時間の午前10時53分、死亡を宣告された。

米国ではオハイオ州など多くの州が死刑執行の際に薬物を投与しているが、欧州の医薬品メーカー各社が自社の製品を米国の死刑に使うことを禁じたため、代替薬の使用を迫られていた。

オハイオ州は、デンマークのルンドベック社が製造する麻酔薬のペントバルビタールを使っていたが、ペントバルビタールの在庫が昨年9月で底を突いたことから、マグワイア死刑囚の死刑では初めて、鎮静剤のミダゾラムと鎮痛剤のヒドロモルフォンを組み合わせて使った。

専門家によると、弁護人はこの組み合わせで死刑が執行されれば、マグワイア死刑囚は「息ができなくなり、苦しみと恐怖の中で死に至る」と予想していたという。

今回の事態を受けて、この薬物の使用が残忍な刑罰を禁じた米国憲法に違反するかどうかの論議に火が付く可能性もある。

ヒエッ・・・

薬殺刑
薬殺刑(やくさつけい)は刑罰の一種で、囚人に致死量の薬物を注射することによって執行される死刑である。古代には毒物を服用させて死に至らしめる刑もあった。
死刑制度が存置されている国において、銃殺刑など様々な手段で死刑執行が行われている。そのうち薬殺刑は、比較的最近登場した死刑方法である。ただし毒を渡して囚人に服用させ死に至らしめる刑罰は古代から存在しており、著名な例としては、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが、民衆裁判所による判決でドクニンジンの服毒による薬殺刑(賜死)に処された例がある。また旧朝鮮時代においては「賜薬」と呼ばれる薬殺による賜死があった。
世界で最初に三剤注射方式による薬殺刑を導入したのはアメリカ合衆国テキサス州で、1977年に法定刑になり1982年12月以降実際に薬殺刑が行われている。また薬殺刑を法定刑にしている州として、オクラホマ州、ノースカロライナ州、ニューメキシコ州、ワシントン州など、アメリカにおいて死刑制度が存続している州で採用されている。薬殺刑が唯一の法定刑とされる州と、選択することが出来る州とにわかれている。

3:08/28(金)00:11:33:kVY

今世界で一番残虐な死刑方法ってなんやろか
裸で飢えた犬の群れに突っ込まれるあれ?

6:08/28(金)00:12:20:dej

>>3
箱にいれられて放置
なお体は動かせない模様

68:08/28(金)02:39:02:fdW

>>3
歯医者でフッ酸

八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故
八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故(はちおうじししかいしフッかすいそさんごとふじこ)とは、1982年に八王子市で発生した医療事故である。
歯科治療用のフッ化ナトリウムと間違えて、毒劇物のフッ化水素酸を女児の歯に塗布してしまい、女児は激痛でのた打ち回り死亡した。1982年4月20日午後3時40分頃。八王子市内の歯科医院で、同院の院長(当時69歳)がう蝕予防用のフッ化ナトリウムのラベルがある合成樹脂製小瓶の液体を脱脂綿にしみこませ、市内に住む3歳の女児の歯に塗布したところ、辛いと訴えた。女児が激痛のあまり診察台の上で大暴れを始めた為、女児の母親と同院の助手の女性が女児の体を押さえつけ、さらに液体を塗布したが、女児は恐ろしいほどの力で助手らを払いのけ、激痛による痙攣で診察台から跳ね上がって転がり落ちて苦しがり、口からは白煙が上がった。救急車で近所の医院に搬送され、症状が重篤であるため東京医科大学八王子医療センターに転送されたが、同日午後6時5分、急性薬物中毒のため死亡した。
翌日、女児の通夜の席で、歯科医師は自責の念から、脳血栓の発作を起こし倒れた。人間が知覚し得る最大限の激痛を与えてしまったことに自らの思い上がりを強く恥じ、悔悟の念に打ちのめされていたという。

69:08/28(金)02:40:49:sVk

>>68
ありましたなぁ・・・

4:08/28(金)00:12:06:vN2

薬物刑は処理が楽なんだろうか
絞首刑って体液とかすごいらしいやん

8:08/28(金)00:13:12:2uU

科学ノ進歩、発展ニ犠牲ハツキモノデース

11:08/28(金)00:13:30:7TK

毒殺だから医師の立ち会いの下執行するらしいが死刑に立ち会う医師がいなくて困ってるらしいな

15:名無し2015/08/28(金)00:16:48:CxO

そもそも死刑になるくらいの事やったんだから人権があるのはおかしいよなあ?

ファラリスの雄牛を採用しよう(提案)

アメリカ死刑

ファラリスの雄牛
ファラリスの雄牛(ファラリスのおうし)とは、古代ギリシアで設計された拷問および処刑のための装置である。アテナイの真鍮鋳物師であったペリロスによって、シチリア島アグリジェントの僭主であったファラリスに献上された。ファラリスは死刑に新たな手法をとりいれたがっていた。それにこたえてペリロスはすべて真鍮で雄牛を鋳造し、中を空洞にして脇に扉をつけた。有罪となったものは、雄牛の中に閉じ込められ、その下で火が焚かれる。真鍮は黄金色になるまで熱せられ、中の人間を炙り殺す。
ファラリスは、音響の効果を製作者であるペリロス自身で試せと命令した。まさか残酷な罠だとは思いもよらないペリロスは、言われた通りに雄牛の中に入った途端、外から鍵が掛けられた。程無くして下から火が焚かれ、悶え苦しむペリロスの叫び声による雄牛のうなり声をファラリスは聞くことができた。こうしてペリロスは自身が製作したこの雄牛の最初の犠牲者となってしまった。しかし後にファラリス自身も、僭主の地位を奪われた時、その雄牛の中に入れられて焼き殺され、最後の犠牲者になったと伝えられている。

38:08/28(金)00:45:40:EdD

>>15
おっ、じゃあ15はん
ちょっと中をチェックしてもらえんか

18:08/28(金)00:17:43:2uU

宣告されてから21年間執行されていなかったのか
海外はわりと早いイメージなんだけど

19:08/28(金)00:19:08:yXn

なんで子供にがっつり見せとんねん

20:08/28(金)00:19:16:m7G

未だに州単位で法律がまったく違うという糞みたいな制度あるせいで
チンポロしただけで数十年放り込まれるやつがいる一方何人殺して犯してもヌクヌク暮らしてるやつが両立してるんだよな

24:08/28(金)00:23:43:l58

>>20
なーんか刑務所緩いんは暴動がおこったら止めれんからやと食生活は日本人からしたらカロリー考えれんほど高い様子

21:08/28(金)00:19:55:l58

絞首刑は首折りで一瞬でいけるらしいけどあちらは採用せんのか

22:08/28(金)00:21:32:V1B

「子どもたち」って言っても最低でも20歳以上やないか

37:08/28(金)00:43:46:Xwz

マグワイア…薬物…

39:08/28(金)00:51:13:Ycf

犯罪者「お、死刑無い州やんけ!どうせなら死なないここで犯罪したろ!」

的な感じで無い州の方が犯罪率高かったりしないんか?

47:08/28(金)01:43:11:xCT

カリウム沢山打って不整脈起こすンゴ!

48:08/28(金)01:44:30:0Fy

>>47
空気入れて心臓発作でええやん

49:08/28(金)01:47:45:xCT

>>48
アメリカには薬殺刑ってのがあってぇ…

50:08/28(金)01:48:50:0Fy

>>49
ぜってーあいつらのほうが人権とか無視してると思う

51:08/28(金)01:51:27:rOd

>>50
死者になんの権利があるんや

52:08/28(金)01:53:49:xCT

>>50
医者が「本来の私たちの役割に反している」って言って、廃止された州もあるで。
あと薬殺刑は結構早めに逝く事が出来るけど時折分量を間違えて長時間苦しみながら死ぬこともあるらしいで

64:08/28(金)02:26:26:4c5

つか自分も子供おるのによく子供ごと殺せるな