【ほんとにあった恐怖】実際に起こったゾッとする恐怖事件簿 恐怖・怖い話

【ほんとにあった恐怖】実際に起こったゾッとする恐怖事件簿

恐怖 事件

カンディル200人食害
ヒグマ大学生食害
チンパンジー残虐食害
シュモクザメJC食害
ホオジロザメ漁師食害
ホオジロザメダイバー食害

13:07/03(木)20:21:46:8vHYuweZD

>>10
ひとつでもいいから詳しく

23:07/03(木)20:33:40:2fqLymv81

>>13
カンディル観光客から侵入
体内を食い荒らす
200人以上亡くなる

ワンゲル部ヒグマ遭遇
執拗に何時間も追い回され1人ずつ殺される
後にヒグマを検査したが人肉は無し、ヒグマは遊びで殺してた

タクシー運転手を引き摺り下ろし
全ての手足の爪をはぎ頭を何度も打ち付け
顔面を食べ尽くしたチンパンジー

海で遊んでたJCが海に引きずり込まれる
胸から腹を食いちぎられる
即死

即死
即死
即死

集団ダイビング
2人を海に忘れたまま置いて帰る
ダイバー二人がサメに食われる

24:07/03(木)20:35:40:8vHYuweZD

>>23
恐いしエグいな…

26:07/03(木)20:37:41:2w4AKLJ3w

ひぐらしの元ネタ

広島 一家行方不明事件

平成14年9月7日、広島県世羅町京丸の「京丸ダム」の湖底に車が転落しているのを通行人が発見し警察に通報。車内からは四人の遺体が見つかり、
遺体は昨年6月4日から一家4人で行方が分からなくなっていた同町戸張の会社員山上政弘さん(58)、妻の会社員順子さん(51)、長女の元小学校教諭
千枝さん(26)、母三枝さん(79)と判明した。
県警では事件、事故の両面で捜査しているが、地形から交通事故の可能性は低いという。そのため無理心中の可能性もあるとみて調べを進めている。
一家が失踪した当時、自宅は施錠され、屋内には争った形跡もなく、順子さんはこの日勤め先の社員旅行で中国へ出発する予定で、荷造りした旅行
かばんもそのまま残されており、また食卓には朝食が虫よけネットをかけて手付かずの状態で残されていた。突然一家4人がいなくなったため、
テレビのワイドショーなどで「神隠し」と騒がれた。

一家が失踪した当時、近隣の人々は口々に“神隠し”だと言っていたという。
この“神隠し”という言葉が使われた理由は、その不可解な状況での失踪という他に実はもう一つ因縁めいた理由があったのである・・・
同町の大将神山という山には古くから神隠しの伝説があった。
その昔、この辺りを治めていた長者の家にお夏という使用人が居た。日頃より長者はこのお夏に目を掛けていたが、ある日お夏が大将神山に
行ったきり帰ってこなくなっってしまった。村人達が総出でお夏を探したが、いくら探してもとうとうお夏は見つからず、人々はお夏は神隠し
にあったのだと言いあった。
そんな伝説のある大神将山は、かつて山上家の所有だったというのである。
偶然と言ってしまえばそれまでだが、何とも奇妙な巡り合せではないだろうか・・・

27:07/03(木)20:38:54:8vHYuweZD

>>26
これ俺の地元なんだよね…
見つかったよね

34:07/03(木)20:57:36:sMl6kN3N1

日本で無くてもいいならマイアミゾンビ事件

麻薬中毒者だか脱法ハーブだか吸ってるやつがいきなりホームレスの顔面を食いちぎりはじめた
ビビった警官がハンドガン(ピストル)で何発か撃ったけど死ななかった模様

他にも女がいきなりペットの犬の首に噛みついたりしたりね

怖いのがその麻薬が日本にもう入ってきていること

36:07/03(木)20:59:16:9zOOGXGbl

パリ人肉事件

39:07/03(木)21:05:05:CemAN4R7c

最近だけど、アルジェリアかナイジェリアで、人肉レストランが摘発されたよな
生首二個とか見つかったらしいけど

49:07/03(木)22:12:55:8vHYuweZD

これはどうかなぁ?

ロボトミー殺人事件
1979年9月、元スポーツライターだったS(50歳)が、ロボトミー手術を受け たことで人間性を奪われたとして、執刀医の殺害と自殺を目論み医師の自 宅に押し入った。医師の母親と妻を拘束し本人の帰宅を待つが、予想時刻 を過ぎても帰宅しなかったことから2人を殺害し金品を奪って逃走する。 池袋駅で職務質問した警察官に、銃刀法違反の現行犯で逮捕された。 199 3年、東京地裁で無期懲役の判決が下るが、検察側・S側双方が控訴、199 5年に東京高裁が控訴を棄却したため、S側が上告するも1996年に最高裁 で無期懲役が確定。
犯人の人物像 [編集] 犯人のSは家計を助けるため働きながら勉強しており 、正義感の強い真面目な青年として知られていた。20歳にして通訳となる も、親の看病のため帰郷し土木作業員として働いた。しかし、関連会社に 仕事上の不正を抗議した際、貧しい経済状況から、出された口止め料を受 け取ってしまう。これを会社は恐喝行為として訴え、Sは刑務所に収監さ れる。 出所後は翻訳の仕事から、海外スポーツライターとして活動を始 め、事務所を開いて実績を積んでいった。
しかし1964年3月、妹夫婦と親の介護について口論になり、家具を壊して 駆けつけた警官に逮捕、精神鑑定にかけられる。精神病質と鑑定されたS は精神病院に措置入院となり、病院内で知り合った女性がロボトミー手術 により人格が変わってしまい、その後自殺したことに激怒、執刀医に詰め 寄ったことで危険だとして自分も騙されロボトミーの一種、チングレクト ミー手術を強行される。
退院後はスポーツライターに戻るも、感受性の鈍化や意欲減退などでまと もな記事を書けず、後遺症に悩まされ強盗事件を起こす。出所後はフィリ ピンで通訳となるが反政府運動に巻き込まれ国外追放となる。帰国後、「 ロボトミー手術の問題点を世間に知らしめる」として犯行に及んだ。 裁 判で再び精神鑑定を受け責任能力有りと判定されたが、脳内に手術用器具 が残留しており、脳波に異常がある事も明らかとなった。Sは「無罪か死 刑でなければロボトミー手術を理解していない」として無罪か死刑のどち らかを望んでいたが、1996年、最高裁で無期懲役が確定となった。

50:07/03(木)22:13:14:8vHYuweZD

Sは、近年、服役中に体調不調により生きていても仕方がないと考え、刑 務所で自殺を主張し、「自死権」とそれを認めない精神的苦痛により160 万円を国に求める裁判を起こしたが、2008年2月15日、仙台地裁の近藤幸 康裁判官は、自死権は法的に認められてないとして訴えを棄却した。

51:07/03(木)22:17:12:8vHYuweZD

人いないしバンバンはるか
室蘭女子高生失踪事件(むろらんじょしこうせいしっそうじけん)は、20 01年3月6日、北海道室蘭市で高校一年生(当時16歳)の女子生徒が失踪 した事件。2012年2月現在、未解決のままである。

52:07/03(木)22:18:40:BRlUuWi7Y

おるで
>>51
かわいい娘だった

53:07/03(木)22:18:57:BJicVioFP

どういう子なの?

54:07/03(木)22:19:27:8vHYuweZD

失踪当日の女子高生の行動 正午過ぎ、「コーヒーの入れ方を習いに、ア ルバイト先のパン店(知利別町)に行く」と言い、自宅(白鳥台)を出る 。 午後1時4分および午後1時26分、室蘭サティ(現・イオン室蘭、東町2 丁目)の店内を歩く姿が防犯カメラに映っている。 午後1時30分頃、室蘭 サティ前を歩いているところを同級生二人が目撃。 午後1時31分、「東町 2丁目」バス停から道南バス・「中央町・工大循環線(外回り)」に乗っ たとみられる。 午後1時40分、アルバイト先のパン店付近にある「東通り 」バス停(知利別町1丁目)で降りたとみられる。 午後1時42分頃、PHS に連絡してきた友人に対して「今、下(『東通り』付近一帯の意味)に着 いた」と話した。 午後1時46分頃、同じ友人が再度電話をかけた。「今は 話せないから後でね」と答え、すぐ電話を切る。この交信はアルバイト先 のパン店付近で行われていたことが判明している。何が原因で「今は話せ ない状況」になったかは不明。 その後の足取りは分かっていない。
その他 行方不明直後、女子高生が訪れる予定があったパン屋のオーナー が何らかの事情を知るものとして注目を集めた。オーナーは「約束した午 後1時に店に現れず、午後1時30分まで待ったが、現れないので自宅に帰 った」と証言した。 しかし、マスコミはオーナーの発言を疑問視し、こ のオーナーが女子高生の失踪に関与したという疑惑の構図を描き、オーナ ーの行動・素行を調査・報道する社が出てきた。
報道ではオーナーはその日にガソリンスタンドで給油しており、車の燃料 の減りぐあいから家との往復しかしていないことが警察から発表され、オ ーナー宅の近所の人が自宅に駐車されてる車などの目撃証言などが出て疑 惑が薄らいだ形で終息された。その後パン屋は報道被害のせいか閉店にな り又オーナー自身自己破産となってしまった。

56:07/03(木)22:21:39:8vHYuweZD

すごいの見つけた

地底湖行方不明事件
仲間は泳いでないみたい。その他の不審な点。 ・入洞届を提出してない ・5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ ・溺 れるところを誰も目撃してない ・溺れた時の状況説明がニュースソース によってコロコロ変わる ・「タッチした」という声は聞こえたのに、助 けを求める声などは一切聞こえなかった ・救助活動を行わず現場に誰も 残さないまま全員帰ってきた ・「探検に必要な装備は備わっていた」と 強調 ・遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者 会見をしない ・探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子 」の名前を真っ先に削除 ・探検部は女性が多く(男15:女10)、部内で恋愛 やトラブルが起きやすい状況 ・いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマス コミが今回は部員に全く取材を行わない ・被害者の知人を名乗る人物が 高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼 ・被害者のmixiに勝手 にログインしてプロフィールを改竄し両親にとって大切な思い出となるは ずの日記を全て削除